FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
脳の疲労は目の疲労、ハチミツで栄養補給と休息
目の疲れ

パソコンやスマホに長時間、噛り付いて神経をすり減らしている方。

目の疲れは如何なものでしょう?

私なんかは、ダメですね。
トレードはもちろん、スマホゲームや検索なんかも、集中していやっていると、尋常ではない疲れを目に感じます。

噛り付くパソコン

そこで目の簡単に疲れがとれる食べ物です。

アーモンドを2~3粒程が目には効果的だそうです。
それも調理されているモノではなくただ煎ってあるだけのシンプルなアーモンドです。
茶色い薄皮は水に浸して、しばらく置いていると簡単にむけて行きます。
(最近ではスーパーのナッツコーナーでも見かけます)

脳からダイレクトに繋がっているくらい近い部位なので、実際、目の疲労は脳の疲労とも呼べます。
また、その逆も然りです。
脳が疲労していると目が重いかったり、痛かったりするのが一種のシグナルです。

つまり、目の疲れを癒すには、脳も休める必要があります。

脳を休めるのに効果的な食べ物は、生のハチミツです。
これは、個人的に昔からよく食べています。
スプーンに一杯、ハチミツをパクリ。

ハチミツ

『ハチミツが食べたい』なんて感じる時は、脳が疲労しているかもしれません。

胃よりも脳にジワーっと染み渡る感覚です。
疲れがとれる瞬間です。

ハチミツは単糖類で出来ている為、消化にエネルギーを使いません。
負担なく即、吸収され、そのまま血糖に反映され影響され脳に栄養を補給します。

栄養満点のハチミツなのですが絶対加熱しないでください。
せっかくの栄養分が壊れて毒素に変化してしまいます。

ただ、それ程、脳や目に負担がかかるまで、パソコンなどに噛り付いているのが問題で、できれば適度に休憩を挟み、負担が、かからない程度に工夫する事を、まずは考えたいですね。

(マイナスポジションを所持しているとそうもいかないのですが・・・)

負担と疲労

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する




スポンサーサイト
別窓 | きらくにライフ |
眠れない理由は幾つもあるが、ぐっすり眠れる理由は2つの条件
三日月

睡眠は非常に重要です。

人間の三大欲

・食欲
・睡眠欲
・WiFi

と生物としても必要不可欠な欲求です。

それらがスムーズに機能しなくなって来るとツライですね。


寝不足や不規則な睡眠は、
行動力から思考力にかけて、集中力、判断力、決断力、直感とまで、その人の生活の隅々まで影響してきます。

マイナスのオブラートに包まれているような不規則なリズムでは、いつもの調子もなかなか難しいところです。

トレーダーも同様で、
意図とは反してか、戦略的になのか、は別として、
長期的に含み損のポジションを保有しなければならない状況があります。
ロット数によっては決して眠れる状況になく、震えながら過ごす夜を幾夜も数えたりもします。
出来る事ならそんなポジションは避けたいところですが、それすら許容しなければならないトレードも現実にあります。


ただ、眠って過ごすも眠れずに過ごすも夜は夜です。

どうせ夜ならしっかり眠って過ごしたいですね。

睡眠

不規則な生活は、始まりは小さな悪い欠片です、そんな小さな欠片も繰りし蓄積されて行けばやがては悪い習慣へとなり、障害へと変化して行きます。

『睡眠障害』です。

症状が軽いモノから、生活が送れない程の重いモノまで現代人の抱える深刻な悩みのひとつです。

当事者からすれば簡単に『悩み』という言葉だけでは片付けられない、終わりの見えない『苦悩』なのかもしれません。


眠れない原因に気を配り出すとそれこそ無限ループに陥ります。

・・・気づけば朝です。
それも非常に気分の悪い朝です。

なので、眠れる原因を探しましょう。

ぐっすり眠れる条件は2つです。

・『消化がしっかり済んでいる事』

・『不安のない事』

この問題に対する解は意外と簡単です。

『しっかりしたボリュームのある昼食を食べる』

食事

一日で人間のもっとも消化力が高い時間帯、午前10時から午後2時の間です。

この時間帯に一日でたくさんの食事をする事が、自然です。
ポイントは必ず炭水化物をとること。

食事のバランスもそうなのですが、
それより、何より、『1日の心が満足してい安定します』

一方、消化力は、夜に向かい弱くなって来るので、しっかり食べても消化が進まず、消化し切れず身体に残った毒素は不安感を生み出します。

胃や腸が弱っている時は、穀物と動物性たんぱく質は控えめの方が良いかもしれませんね。
朝方の消化力にも同じ事が言えるので、『朝食はしっかり軽め』で身体に機能するモノが望ましいですね。

本当の問題は、この当たり前の食生活を実施する事が困難な現代の習慣にあるような気がします。

いろいろありますが、そもそも、昼食にそれだけの時間と食費をかける人がどれ程いるのでしょう?
そうでなくても、それぞれの事情が、もっと他にあったりもします。

毎日は無理でも、それが出来る日が全く無い訳でもないのなら、
たまには身体と心の為に注力する一日を作ってあげても良いのかもしれませんね。

おはようストレス


それでは、今日のFX⇒トレードプランです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
別窓 | きらくにライフ |
| ドードーのFXからくりマーケット |