FC2ブログ

ドードーのFXからくりマーケット

FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン

ARCHIVE

archive: 2015年08月  1/2

スポンサーサイト

No image

月末要因を含むFXマーケットにはそれなりの対策が必要か?

『利益確定』・『損失確定』といった株式などの売り圧力が強まる月末要因の時期にあります。29日、NY時間、ジャクソンホールにてフィッシャーFRB副議長が利上げに関する発言があり、『9月の利上げは、まだ決定出来ない』的な内容でした。もう少し、調査、分析が必要だとの事ですが・・・ドル円通過ペアは121.54を付け週末ポジション調整もあってか、半値付近まで売られて終わりました。取引をする際、必ず何かしら材料があります。...

市場の大幅な乱高下、飛び交う憶測・・・なんとか切り抜けたいですね。

世界的な株価の大幅な乱高下に振り回されているFXマーケットですが・・・さまざまな材料が流動的に意識され複雑な要因を作り出している落ち着かない夏の終わりです。株価の動向・米国利上げに関する発言・指標・長期金利・テクニカルチャートポインといった順にチェックをしながらこの局面を凌ぎたいところですが・・・ここ数日は値動きが大きいので、違った場合は『逃げる』を一番に戦略を組み立て、一方向ではなく、『買い』、『...

FXで取引時間を絞り込む

FX取引量が多い時間帯は絞り込める・東京時間ドル円通貨を主軸にアジア関連通貨が取引される時間帯その日の仲値が決まる9:55付近など取引が活発化する状況もある。・欧州時間ロンドン市場が参加してくる時間帯です。ユーロ通貨絡みが活発化して来ます。欧州時間の入り口や24:00~25:00付近では金のスポット価格が決まるロンドンフィキシングなど流動性が大きな時間帯が存在します。・ニューヨーク時間21:00からの米注目経済指標や2...

FXではイレギュラーはレギュラー、予定通りにいかない状況をどう切り抜けるかが鍵

イレギュラー『不規則・変則・正規ではないさま』こうした詰め合わせがFXマーケットなのかもしれません。実際そうでなければ、ランダムで経て成長する相場は存在しないので、そうなのでしょう~σ昨日、21:30、(米) 7月消費者物価指数の結果が弱く一瞬売られ、同時に州賃金プラスを受け上昇&長期金利上昇、124.46まで付けたのですが、ダウ平均の下落につられて、結局売られ、3:00に予定されていた、重要指標、FOMCも通信社のフライ...

FXでは週明け休み明けは買い意欲が強い?

週明け、お盆休み明けの相場です。先週末は、欧州時間に入り米長期金利の低下を受け、下値124.05付近を付け、ショートカバーで少し買い戻される中、米指標の結果も含まれ、押され、戻されと、方向感が掴みにくく、やり辛い相場でした。お盆休みもあって参加者も少なく、どちらに向かうにせよ、心細い勢いだったように感じます。長い時間軸で見ると、『買い』に傾きやすい状況にあるドル円通過ペアなのですが、微妙なボラティリティ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。