FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
月末要因を含むFXマーケットにはそれなりの対策が必要か?
2015 夏の終わり

『利益確定』・『損失確定』といった株式などの売り圧力が強まる月末要因の時期にあります。

29日、NY時間、ジャクソンホールにてフィッシャーFRB副議長が利上げに関する発言があり、『9月の利上げは、まだ決定出来ない』的な内容でした。
もう少し、調査、分析が必要だとの事ですが・・・

ドル円通過ペアは121.54を付け週末ポジション調整もあってか、半値付近まで売られて終わりました。

取引をする際、必ず何かしら材料があります。

わかり易いモノなら重要指標、関連性からは株価、などなど、厄介なのは、発言系です。

威力は未知数、タイミングも予測不可能、その上、解釈のされ方が状況によってさまざま。
もっとも扱いづらく出来れば関わりたくない手掛かりです。



・気になる注目指標

2015/08/31

15:00 (独) 7月小売売上高指数
17:30 (香港) 7月小売売上高-価額
18:00 (ユーロ圏) 8月消費者物価指数・速報
21:00 (南ア) 7月貿易収支
22:45 (米) 8月シカゴ購買部協会景気指数

ロンドン休場

20150831 USDJPY 1時間

外為オンライン

・USD/JPY <1時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 121.74付近
レジスタンスサポートゾーン① 121.54付近

レジスタンスサポートゾーン① 120.64付近
レジスタンスサポートゾーン② 120.30-50付近

・気になる市場オーダー

ドル円通過ペア
<時間帯で変動してゆくのでご注意を>

122.50 売り
122.00 売り

120.50 買い
120.00-10 断続的に買い

明け方ダウ下落につられ日経平均も(-200円)からドル円通貨ペアも売られています。
ドル円通過ペアでは日足チャートで観ると、戻し売りのポイントなのか?長期移動平均線のサポートを下を固めて買いあげるのか?方向感としては微妙な印象を受けます。

ただ、一時のレンジボックス相場と見れば、短期的に、狙えるチャートポイントも見つかります。

今日はロンドン休場、NY時間に指標があます。

株価の動向を見ながらチャートポイントを拾って行けたらと考えています。

後、8月も終わりですね。

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

スポンサーサイト
別窓 | トレードプラン |
市場の大幅な乱高下、飛び交う憶測・・・なんとか切り抜けたいですね。
複雑にしている原因は?

世界的な株価の大幅な乱高下に振り回されているFXマーケットですが・・・
さまざまな材料が流動的に意識され複雑な要因を作り出している落ち着かない夏の終わりです。

株価の動向・米国利上げに関する発言・指標・長期金利・テクニカルチャートポインといった順にチェックをしながらこの局面を凌ぎたいところですが・・・

ここ数日は値動きが大きいので、違った場合は『逃げる』を一番に戦略を組み立て、一方向ではなく、『買い』、『売り』、を状況に合わせてポジションを持ち利益を作っていきました。

『大きな利益を狙う』といった心構えで相場に挑んでいたら粉砕されていましたが、その時の考え方が、たまたま、その相場状況に優位性を持ってピッタリ合う時がFXにはあります。

・気になる注目指標

21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数
21:30 (米) 第2四半期GDP・改定値
23:00 (米) 7月中古住宅販売成約


2015 0827 USD JPY 8時間

外為オンライン

・USD/JPY <8時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② -
レジンタンスサポートゾーン① 120.40付近

レジスタンスサポートゾーン① 118.44付近
レジスタンスサポートゾーン② 118.24付近

・気になる市場オーダー

ドル円通過ペア
<時間帯で変動しゆくのでご注意を>

120.50 売り
120.40 売り

118.80 買い
118.50 買い

値動きが値動きだけに短いタイムスパンでの、チャートポイントも優位性を発揮出来ません。
なので、ドル/円通貨ペアでは8時間足と少し長い時間軸でのチャートポイントになります。

多くの参加者が集中して意識しているポイントが120.40ですね。

下は、118.44付近からと結構大きい幅で仕掛けるポイントを探して行かなくてなりません。

ポジションに確信が無ければストップ幅を大きくとるか、ロット数を通常より減らしてエントリーが柔軟な対応できる方法かと思います。

ニューヨーク時間には注目指標もあり、ボラティリティが大きい分、過剰に反応するかもしれません。

十分注意して、直ぐには飛び付く事なく、第2波を見極めてポジションを作って行ければと考えています。

27日~29日まで米国ではジャクソンホール、金融・経済シンポジウムが開催されています。
発言系など非常に注意が必要です。

(ちなみに現在120.40のゾーンをドル円が試しています・・・)

大相場、なんとか乗り切りたいですね。

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

別窓 | トレードプラン |
FXで取引時間を絞り込む
絞り込まれる時間帯

FX取引量が多い時間帯は絞り込める

・東京時間
<8:00~18:00>

ドル円通貨を主軸にアジア関連通貨が取引される時間帯

その日の仲値が決まる9:55付近など取引が活発化する状況もある。

・欧州時間
<17:00~3:00>

ロンドン市場が参加してくる時間帯です。

ユーロ通貨絡みが活発化して来ます。

欧州時間の入り口や
24:00~25:00付近では金のスポット価格が決まるロンドンフィキシングなど流動性が大きな時間帯が存在します。

・ニューヨーク時間
<21:00~6:00>

21:00からの米注目経済指標や
24:00のニューヨークオプションカットなど、方向感が決まり易く参加者がもっとも多い時間帯です。

※個人的には、デイトレで東京時間は様子見、欧州時間の入り口16:30付近から具体的にエントリーして行き、
利益が乗っていれば、米国指標21:00付近を手掛かりに、利益をさらに延ばして行くか?撤退か?といった流れです。

どちらにしても相場の状況と、その時、保有しているポジションの状態によりますが・・・

取引量の起伏を知る手掛かりには、時間帯と言う指標は十分な目印になります。


FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

別窓 | トレード戦略 |
FXではイレギュラーはレギュラー、予定通りにいかない状況をどう切り抜けるかが鍵
異なる対応

イレギュラー『不規則・変則・正規ではないさま』
こうした詰め合わせがFXマーケットなのかもしれません。

実際そうでなければ、ランダムで経て成長する相場は存在しないので、そうなのでしょう~σ

昨日、
21:30、(米) 7月消費者物価指数の結果が弱く一瞬売られ、同時に州賃金プラスを受け上昇&長期金利上昇、124.46まで付けたのですが、ダウ平均の下落につられて、結局売られ、3:00に予定されていた、重要指標、FOMCも通信社のフライングで、2:30に一部の内容が漏れ、その情報に飛びついた参加者に買われ、FRBも15分早く、正式文書を発表。

内容も以前からの目立った変更点もなく、結局に売られ、昨日、ニューヨーク時間から参加していた人にとっては散々な相場でした。

予定通りのトレードフローで対していたら全てが裏目に出た一日だったかもしれません。

ホントに、マーケットの中では、いろんな事が起きますね~泣

これなら、『相場を予想しなくなってから勝てた』って言い出す人も理解できます。

・気になる注目指標

17:30 (英) 7月小売売上高指数
21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数
23:00 (米) 7月中古住宅販売件数
23:00 (米) 8月フィラデルフィア連銀景況指数


20130820 USDJPY 1時間

外為オンライン

・USD/JPY <1時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン②124.47-63付近
レジスタンスサポートゾーン①124.15付近

レジスタンスサポートゾーン① 123.68付近
レジスタンスサポートゾーン② 123.52付近

・気になる市場オーダー

ドル円通過ペア
<時間帯で変動しゆくのでご注意を>

124.90 断続的に売り本邦輸出ほか
124.50 売り

124.00 買い
123.65 買い実需ほか
123.50-55 断続的に買い

乱高下しながらの一応の中期的方向感がわかりづらい相場です。

東京時間に関しては、相変わらずの日経平均の動向を見ながらチャートポイントを拾って行くで良さそうです。

欧州時間では、英)指標、ニューヨーク時間には、米)指標、ダウ、長期金利、いろいろ材料になり得る手掛かりがあるので、状況に応じてエントリーを狙って行きたいです。

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

別窓 | トレードプラン |
FXでは週明け休み明けは買い意欲が強い?
休日明け

週明け、お盆休み明けの相場です。

先週末は、欧州時間に入り米長期金利の低下を受け、下値124.05付近を付け、ショートカバーで少し買い戻される中、米指標の結果も含まれ、押され、戻されと、方向感が掴みにくく、やり辛い相場でした。

お盆休みもあって参加者も少なく、どちらに向かうにせよ、心細い勢いだったように感じます。

長い時間軸で見ると、『買い』に傾きやすい状況にあるドル円通過ペアなのですが、微妙なボラティリティーでは、どんなトレードフローも機能的には発揮できません。

わからない時は『見送り』

これも立派な戦術だと考えています。

・気になる注目指標

2015/08/17

21:30 (米) 8月ニューヨーク連銀製造業景気指数
23:00 (米) 8月NAHB住宅市場指数

20150817 USDJPY1時間

外為オンライン

・USD/JPY<1時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 124.63付近
レジスタンスサポートゾーン① 124.53付近

レジスタンスサポートゾーン① 124.05付近
レジスタンスサポートゾーン② 124.07付近

・気になる市場オーダー

ドル円通過ペア
<時間帯で変動しゆくのでご注意を>

124.90 断続的に売り

124.00 買い
123.45-50 断続的に買い

人民元の動向も気になりますが、気になる程度で、材料視にまでは至らない気がします。

目だった指標も少ないので、お盆休み明けの日経平均の動向を見ながら、『買い』を入れられるポイントを狙うで行きたいです。

FXで取引し易い時間帯を把握する



別窓 | トレードプラン |
(米) 7月非農業部門雇用者数
(米) 7月非農業部門雇用者数

結果は、市場予想+22.5万人 結果+21.5万人

201507 雇用統計①

201507 雇用統計④

2015 07 雇用統計⑥

201507雇用統計⑦

201407雇用統計⑧

201507 雇用統計⑩

発表の直後のチャートの一部ですが、
ここまでだと乱高下といったところですかね。

最終的には・・・

雇用統計 最終的な結果

第2波を狙って『買い』を入れてしまいそうなポイントがありましたが・・・
さすが雇用統計、短い時間軸でのテクニカルは突発的な値動きには全く通用しない結果を刻み込んでくれます。

別窓 | 米国雇用統計 |
指標の結果、株価の影響、金利の影響、を重ねながらチャートポイントがどう機能するか?
重なる情報

FXトレードはあらゆる結果の影響や状況に投資する取引だと考えています。

テクニカルチャートポイントは重要なのですが、
チャートポイントのみで取引していても短期的にプラス域はあってもトータル的には、まずプラス域には残れないかなと考えています。

・気になる注目指標

2015/08/06

17:30 (英) 6月鉱工業生産
20:00 (英) BOE政策金利発表
20:00 (英) BOE四半期インフレレポート
21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数


2015 0806 USDJPY8H

外為オンライン

・USD/JPY<8時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 125.85付近
レジスタンスサポートゾーン① 125.68付近

レジスタンスサポートゾーン① 124.71付近
レジスタンスサポートゾーン② 124.65付近

昨日、
パウエルFRB理事の発言

『9月に利上するとか決まってへんねん』

で、ドルが売られ、合わせて米指標のADPが市場予想より弱く、124.01まで下落する中、米長期金利が上昇、ドルが買い戻され元の位置まで、そこでやってくる米指標IS非製造業(強い結果)で、レンジで意識されてされていた、チャートポイントを突破、
ストップロスを巻き上げいっきに124.80台にと・・・

指標結果に株価、金利の影響&チャート上のストップロス、など、どちらかに偏った、材料と条件がうまく繋がると、あっという間に市場は次の領域に移り変わります。

今日は、欧州時間より英国重要指標、NY時間には週次新規失業保険があり、明日には雇用統計が控えています。

ドル円通貨ペアに関しては、上は遠いですが、下のサポートポイントは結構わかりやすいので、もう少し固まったてから『落ちてきた所を拾う』で、狙って行きたいです。

指標の結果、株価の影響、金利の影響、を重ねながらチャートポイントがどう機能するか?

書き出すのは簡単なのですが、ポジションをいざ持つとなると、タジタジです。

・気になる市場オーダー

ドル円通過ペア
<時間帯で変動してゆくのでご注意を>

125.50 売り
125.00 OP日NYカット

123.45-50 断続的に買い
123.00-10 断続的に買い厚め

別窓 | トレードプラン |
夏の世間はイベント尽くし、夏の市場のイベント薄?夏休みだからさ~
8月は暑すぎて

東アジアカップ、高校野球大阪、世界水泳、スポーツ注目指標がズラリと並びます。
他にも夏映画や幕張メッセでの連日イベント、花火大会に海!
一年間のイベントがこの一ヶ月に集中しているみたいなシーズンです。

活発化、活性化、という言葉が似合いそうな8月ですが、
トレーダーといえば、薄暗い部屋で冷房を19度に設定、パソコンに張り付き、流行のの終わったBGMを聴きながら、溶け切ったカップアイスをすすり、変化の乏しい夏相場のチャートと経済情報をあさっている訳ですが・・・
健全とは程遠い位置にありますね(泣)

そんな夏相場をどう切り抜けるのか?

『東京時間を捨てて外に出る。』

これに尽きます。

・注目指標

16:00 (トルコ) 7月消費者物価指数
16:30 (スイス) 7月PMI製造業
16:45 (伊) 7月PMI製造業
17:30 (英) 7月PMI製造業

21:30 (米) 6月個人所得
21:30 (米) 6月個人支出
21:30 (米) 6月PCEデフレーター
21:30 (米) 6月PCEコア・デフレーター
23:00 (米) 7月ISM製造業景況指数


2015 0803 USDJPY 1D

外為オンライン

・USD/JPY <日足>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 124.74付近
レジスタンスサポートゾーン① 124,63付近

レジスタンスサポートゾーン①124.50付近

ドル円通過ペア、
日足で一目均衡表の雲の上で推移し上値を試す展開
下のサポートは昨日、123.51の下値に移動平均線が重なり、強度的にはそこそこ意識されやすいポイントになっています。

東京時間は、これといって注目材料もなさそうなので、日経平均の動向を見ながら『買い』目線
『落ちて来たところを拾って行く』で狙って行きたいです。

欧州、NY時間には指標発表もあり、
どちらかに方向感が出れば流れに沿ってチャートポイントを拾って行くでよさそうです。

ただ、状況が変われば『買い』は狙い易いのですが、『売り』となると、結構、チャートポイントも難解で、無理はしたくないところです。

・気になる市場オーダー

ドル/円通過ペア
<時間帯で変動してゆくのでご注意を>

125.50 売り
124.75 売り・超えるとストップロス買い
123.50 買い
123.00 買い厚め

別窓 | トレードプラン |
| ドードーのFXからくりマーケット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。