FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
脳の疲労は目の疲労、ハチミツで栄養補給と休息
目の疲れ

パソコンやスマホに長時間、噛り付いて神経をすり減らしている方。

目の疲れは如何なものでしょう?

私なんかは、ダメですね。
トレードはもちろん、スマホゲームや検索なんかも、集中していやっていると、尋常ではない疲れを目に感じます。

噛り付くパソコン

そこで目の簡単に疲れがとれる食べ物です。

アーモンドを2~3粒程が目には効果的だそうです。
それも調理されているモノではなくただ煎ってあるだけのシンプルなアーモンドです。
茶色い薄皮は水に浸して、しばらく置いていると簡単にむけて行きます。
(最近ではスーパーのナッツコーナーでも見かけます)

脳からダイレクトに繋がっているくらい近い部位なので、実際、目の疲労は脳の疲労とも呼べます。
また、その逆も然りです。
脳が疲労していると目が重いかったり、痛かったりするのが一種のシグナルです。

つまり、目の疲れを癒すには、脳も休める必要があります。

脳を休めるのに効果的な食べ物は、生のハチミツです。
これは、個人的に昔からよく食べています。
スプーンに一杯、ハチミツをパクリ。

ハチミツ

『ハチミツが食べたい』なんて感じる時は、脳が疲労しているかもしれません。

胃よりも脳にジワーっと染み渡る感覚です。
疲れがとれる瞬間です。

ハチミツは単糖類で出来ている為、消化にエネルギーを使いません。
負担なく即、吸収され、そのまま血糖に反映され影響され脳に栄養を補給します。

栄養満点のハチミツなのですが絶対加熱しないでください。
せっかくの栄養分が壊れて毒素に変化してしまいます。

ただ、それ程、脳や目に負担がかかるまで、パソコンなどに噛り付いているのが問題で、できれば適度に休憩を挟み、負担が、かからない程度に工夫する事を、まずは考えたいですね。

(マイナスポジションを所持しているとそうもいかないのですが・・・)

負担と疲労

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する




スポンサーサイト
別窓 | きらくにライフ |
不透明感が残る市場、手掛かり探しをしている値の行方は?
不規則 無秩序

先週末、
日銀金融政策決定会合

黒田日銀は、現在の金融緩和策を補完する新たな措置を導入する事を決めた。

上場投資信託の年間約3兆円の買い入れ枠に加え、設備投資などに積極的に取り組んでいる企業の株式を買い入れる枠をおよそ3000憶円に設定。

国債を買い入れる平均残存期間を延ばす。

この発表を受けマーケットは、

『はぁ~?』

となり、一時、123.59まで買い上げられたドル円は、121.96まで急落。
結局、中身を知れば知るほど、不透明さが増す内容だったので反応としては乱高下になり、
つづく欧州時間に入り、ユーロ円の売りに連れ、下げ幅を広げる。121.05付近まで下落、NY時間には、ダウ平均のプラス圏の影響もあり、買い戻され121.75付近までは持ち直すも、ダウのマイナス下落で最後は売られ、121.13と下押し圧力を残したまま終わっています。

・気になる注目指標

2015/12/21

16:00 (独) 11月生産者物価指数
24:00 (ユーロ圏) 12月消費者信頼感

20151221 1時間

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 122.48付近
レジスタンスサポートライン① 121.75付近

レジスタンスサポートライン① 121.05付近
レジスタンスサポートライン② 120.93付近

121.75付近には、移動平均線100・200が控え短期的に反転するには、そのポイントを抜けて行く必要があります。
テクニカル的な位置で観ると売り目線に優位性がある状況と言えるでしょう。

株価、原油などが最近では過剰に材料視される、傾向にあるので、注意して見てゆきたいですね。

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

別窓 | トレード戦略 |
FX リスクが低い資産への投資 リスクオフ雰囲気が漂う市場状況
リスクオフ

先週末、
東京時間、株価の動きに連れ、122.22付近を付けるも欧州時間に入り、日経平均、ダウ平均が売られ、ドル円も下落、121.29まで下落、迎える米指標、結果強い数字となるが、121.65付近までの上昇と限定的な反応。
重なるタイミングでWTI原油先物の大幅下落、影響を意識されてか、ダウ平均の下落、10年債の利回り低下、これに連れて、ドル円通過ペアもさらに下落幅を広げるカタチになり、120.57を付ける。
引けにかけショートカバーの買い戻しが多少入るも、売り圧力を残したまま先週を終えています。

今朝は、ランド絡み通貨のボラティリティが凄かったですね。

・気になる注目指標

2015/12/14

19:00 (ユーロ圏) 10月鉱工業生産

20151214 日足チャート

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 123.00
レジスタンスサポートライン① 122.22

レジスタンスサポートライン① 120.57
レジスタンスサポートライン② 120.25

100・200日移動平均線から見ても中期的には、売り圧力が優勢な印象です。
反転を考えるには121.25をしっかり抜ける必要があります。
逆に売り目線でみれば、121.25-30付近を最大ストップに考え、売りでのアプローチは、仕掛けやすい状況かもしれません。

株価の動向を睨みながらチャートポイントを狙ってゆく。

今日は、欧米時間の経済指標も少なく、マーケットが何を材料視してくるかが重要になるような気がします。


FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派



別窓 | トレードプラン |
眠れない理由は幾つもあるが、ぐっすり眠れる理由は2つの条件
三日月

睡眠は非常に重要です。

人間の三大欲

・食欲
・睡眠欲
・WiFi

と生物としても必要不可欠な欲求です。

それらがスムーズに機能しなくなって来るとツライですね。


寝不足や不規則な睡眠は、
行動力から思考力にかけて、集中力、判断力、決断力、直感とまで、その人の生活の隅々まで影響してきます。

マイナスのオブラートに包まれているような不規則なリズムでは、いつもの調子もなかなか難しいところです。

トレーダーも同様で、
意図とは反してか、戦略的になのか、は別として、
長期的に含み損のポジションを保有しなければならない状況があります。
ロット数によっては決して眠れる状況になく、震えながら過ごす夜を幾夜も数えたりもします。
出来る事ならそんなポジションは避けたいところですが、それすら許容しなければならないトレードも現実にあります。


ただ、眠って過ごすも眠れずに過ごすも夜は夜です。

どうせ夜ならしっかり眠って過ごしたいですね。

睡眠

不規則な生活は、始まりは小さな悪い欠片です、そんな小さな欠片も繰りし蓄積されて行けばやがては悪い習慣へとなり、障害へと変化して行きます。

『睡眠障害』です。

症状が軽いモノから、生活が送れない程の重いモノまで現代人の抱える深刻な悩みのひとつです。

当事者からすれば簡単に『悩み』という言葉だけでは片付けられない、終わりの見えない『苦悩』なのかもしれません。


眠れない原因に気を配り出すとそれこそ無限ループに陥ります。

・・・気づけば朝です。
それも非常に気分の悪い朝です。

なので、眠れる原因を探しましょう。

ぐっすり眠れる条件は2つです。

・『消化がしっかり済んでいる事』

・『不安のない事』

この問題に対する解は意外と簡単です。

『しっかりしたボリュームのある昼食を食べる』

食事

一日で人間のもっとも消化力が高い時間帯、午前10時から午後2時の間です。

この時間帯に一日でたくさんの食事をする事が、自然です。
ポイントは必ず炭水化物をとること。

食事のバランスもそうなのですが、
それより、何より、『1日の心が満足してい安定します』

一方、消化力は、夜に向かい弱くなって来るので、しっかり食べても消化が進まず、消化し切れず身体に残った毒素は不安感を生み出します。

胃や腸が弱っている時は、穀物と動物性たんぱく質は控えめの方が良いかもしれませんね。
朝方の消化力にも同じ事が言えるので、『朝食はしっかり軽め』で身体に機能するモノが望ましいですね。

本当の問題は、この当たり前の食生活を実施する事が困難な現代の習慣にあるような気がします。

いろいろありますが、そもそも、昼食にそれだけの時間と食費をかける人がどれ程いるのでしょう?
そうでなくても、それぞれの事情が、もっと他にあったりもします。

毎日は無理でも、それが出来る日が全く無い訳でもないのなら、
たまには身体と心の為に注力する一日を作ってあげても良いのかもしれませんね。

おはようストレス


それでは、今日のFX⇒トレードプランです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
別窓 | きらくにライフ |
値を支えられるか?SMA・EMA・突破されたボックスサポートライン
支えは何

背景に年内?米国利上げ・ECBの金融緩和の真意・中国株価、通貨流動と、気になる事が、気にしなければならない事が多すぎる年末ですね。

昨日、
東京時間、123.00を挟むカタチで小さく揉み合い欧州時間の入りで株価の下落につられて、122.60を付け、買戻しもこれと入らず、ユーロドルの買い戻しを受け、さらに下げ幅を広げる。
121.80付近まで下落。
NY時間に入り、122.22まで買い戻すも、WTI原油の大幅下落、南アフリカランド円の暴落を受け121.06まで売りを加速させる。
引けにはダウの買戻しを手掛かりに多少買い戻される。

先々月より続いていたレンジ相場の高値がサポートとして支えているようなカタチです。

・気になる注目指標

2015/12/10

17:30 (スイス) スイス中銀政策金利発表
17:30 (スウェーデン) 11月消費者物価指数
18:00 (ノルウェー) 11月消費者物価指数
18:30 (英) 10月貿易収支
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:00 (英) BOE議事録
22:30 (米) 新規失業保険申請件数
22:30 (米) 11月輸入物価指数
22:30 (加) 10月新築住宅価格指数

20151210 ドル円日足

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 122.29付近
レジスタンスサポートライン① 121.74付近

レジスタンスサポートライン① 121.06付近
レジスタンスサポートライン② 120.25付近

・気になる市場オーダー

124.00 売り厚め・超えるとストップロス買い
123.50 断続的に売り・超えるとストップロス買い

121.00-10 断続的に買い

昨日の大きな値動きもあり、長い時間スパン、日足チャートで観ます。

思わせぶりなネック&ショルダー的な足型ですが、先入観と予想はトレードには危険行為です。

反転すれば、レンジボックス相場、そのまま下落し続ければ結果論でネック&ショルダーと言われるだけで、後者に関しては、本当にそうした傾向と優位性があるのか怪しいところです。

私達は、これからの結果を知り得ません。

日足チャートでは、移動平均線の長期線(200日)が値を支えてるカタチにあり、直ぐその下には、過去のチャートポイントがサポートとして控えています。

上は122.20付近が頭を抑えてるポイントとして意識され易いかもしれません。

中期的な時間ではどうでしょう?
例えば1時間足などでは、売り目線で下に圧力が、かかっている印象です。

日足チャートの200日線を下抜けた状況なら、『売り』でアプローチもかけ易いのですが、この値の位置では、中期、短期的に拾われ易いポイントが多数あり、押し目買いに徹する方が優位性が多いのでは?とも思えます。

底値を更新出来ずにダブルボトム風な足型を形成しつつ、そこに何か好材料が出現してきて、これをきっかけに急激な買い戻しが入る。よく見る、よく聞く、よく感じる、パターンです。

どちらにしても、対応出来るフローで備えたいですね。


FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派


別窓 | トレードプラン |
FX注目イベント明けの相場をどうこなして行く?
値動きエネルギー

雇用統計明けの月曜日ですね。

先週、
東京時間、日経平均が売られ、欧州時間に買戻しと株価に動はありましたが、雇用統計を控えてか、影響が反映されている程、通貨には目だった動きはありませんでした。

注目指標の雇用統計も強い結果を受け一時、123.38までつけるも、中期的な上のチャートポイントを抜けるまでの勢いはなく、『買われた分売られる』で、トレンドを生み出すに至りませんでした。

一時的な値動きをまとめてみました⇒(米)11月非農業部門雇用者数

入れるポイントがなかなか難しい値動きだったのかもしれません。

・気になる注目指標

2015/12/07

16:00 (独) 10月鉱工業生産
24:00 (米) 11月労働市場情勢指数

29:00 (米) 10月消費者信用残高

20151207 ドル円1時間

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 123.55付近
レジスタンスサポートライン① 123.37付近

レジスタンスサポートライン① 122.70付近
レジスタンスサポートライン② 122.47付近

中期的に見ると、レンジ相場のような印象です。
123.37付近を越えて来れば買い目線でのフローはやり易くなるかもしれません。
123.28-37を踏み台に上げ幅を狙って行く展開なら、移動平均線だけで、買いを狙って行けるのでトレードも簡単なのですが、欧州時間あたりからですかね。

売りならどうなのでしょう?
戻し域に値はあるのですが、下も下で、落ちて来たら所を拾われる傾向があり、実際に拾われて、短期的な小さなレンジ相場を形成しています。
転換線や長いスパンの移動平均線など意識され易い事もあるのか、下方に方向感を持つ程、軸もいまひとつはっきりしません。

いずれにせよ、東京時間は株価の動向次第になりがちなのですが、12:45分程から黒田日銀総裁の発言が予定されています。

一応のご注意を。

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派


別窓 | トレードプラン |
(米)11月非農業部門雇用者数
(米)11月非農業部門雇用者数

結果は、市場予想+20.0万人に対して+21.1万人

(米)失業率 

市場予想 5.0%に対して5.0% でした。

2225.png

2230.png

2240.png

2250.png

2305.png

2335.png

0011.png

0031.png

0106.png

発表直後の下押しから上昇、その後乱高下といった非常に難しい反応だった印象です。

チャートを睨んでいましたが、これと入れるポイントとタイミングは見つけられませんでした。
もっと短い時間足でみていれば違って見えたかもしれませんが、結果論ですね。

<前回の雇用統計>

(米)10月非農業部門雇用者数

(米)9月非農業部門雇用者数

米)8月非農業部門雇用者数

米)7月非農業部門雇用者数

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派



別窓 | 米国雇用統計 |
ここ最近に観るデイトレードでの傾向
黒猫

昨日、
東京、欧州時間は123を挟んでのも見合いレンジ相場が続き、NY時間の米指標ADPの強い結果を受け123.38まで上昇、ゆるんだポイントで10年債の利回りの上昇の影響も受け、さらに上げ幅を広げる、迎えるFRBイエレン議長の講演『12月の利上げの可能性が濃厚』、さらにドルが買われ123.66付近まで高値を付ける。そこからダウ平均の大幅下落に引っ張られ、上げ幅を全て戻す。
『全戻し』といったところですかね。

詳細はさまざまなのですが、全体的にこのパターンが多いですね。
指標、発言、他通貨の影響などを受け、前半はどちらかに偏ったトレンドを形成して、後半は決まって、ダウ平均の影響で反転する。もちろんダウ平均も何かしらの影響を受けての事なのですが、即効で通貨の値にその影響を反映させて来ます。
それだけ多数の大口のFXトレーダーが株価の動きをよく見ているのでしょうか。

・気になる注目指標

17:00 (トルコ) 11月消費者物価指数
18:30 (英) 11月サービス業PMI
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (米) 新規失業保険申請件数
24:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数
24:00 (米) 10月製造業受注指数


20151203 USDJPY1時間

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 123.75付近
レジスタンスサポートライン① 123.67付近

レジスタンスサポートライン① 123.00付近
レジスタンスサポートライン② 122.80付近

本日はECBの政策金利発表があり、その後にはドラギ総裁の会見が待ち構えています。
ユーロに関しては、ここ最近、総裁の発言に敏感、過剰に反応している印象です。
ここぞとばかりに、出して来るので、ユーロドルからドル円へと、影響を無視出来ません。
十分なご注意を。

ドル円チャートポイントに関しては、底が固いと言う印象より、拾われ易いポイントがよく観えます。
11/26の高値、122.93など、移動平均線やアークの61.8%などと重なり、サポートされ易いような感じです。
このポイントを超える売り材料が出たら、サポートも何も無いのですが、一応は気になりますポイントになっています。

上は122.66を超えるには、踏み台が少し遠いような気がします。
122.34と122.66間に節目でも作る事が出来れば、そこを起点に押し目買い狙いに行けるのですが、株価の動きと材料待ちなのかなと思います。

いずれにせよ欧州、NY時間ですね。

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

別窓 | トレードプラン |
| ドードーのFXからくりマーケット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。