FC2ブログ

FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXトレーダーにとって、重要な1週間。注目指標が軒並み続く第1週。

秘密の場所

デイトレをベースにトレードしているトレーダーにとって、月初めの第1週目は非常に重要です。
各国の注目指標が連夜、発表され、イベント的な米雇用統計も乗り越えて行かなければなりません。

月単位で収支をカウントしているとなれば、月の頭の方で、しっかり利益を乗せておきたいところです。
後半にかけて心理的にも余裕を持てるのでトレード自体、あらゆる点で、優位性が働きます。

・・・勝ち越せればの話なのですが。

昨日、ドル円通過ペア。

日経平均の下落につられて119.68を付け、米)長期金利の上昇を受け120.36まで買い戻される。
つづく、米指標はいずれも弱く、119.93まで売られ、ダウの上昇で120.46付近まで買い戻される。

株価や長期金利の影響を受けてやすい相場が、続いているように感じます。

・気になる注目指標

2015/09/03

香港、上海休場

10:30 (豪) 7月貿易収支
10:30 (豪) 7月小売売上高
14:30 (仏) 第2四半期失業率
16:00 (トルコ) 8月消費者物価指数
16:30 (スウェーデン) スウェーデン中銀政策金利発表
16:45 (伊) 8月PMIサービス業
17:30 (英) 8月PMIサービス業
18:00 (ユーロ圏) 7月小売売上高
20:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数
21:30 (米) 7月貿易収支
23:00 (米) 8月ISM非製造業景況指数


20150903 USDJPY1時間チャートポイント

外為オンライン

・USD/JPY <1時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 120.91付近
レジスタンスサポートゾーン① 120.80付近

レジスタンスサポートゾーン① 119.93付近
レジスタンスサポートゾーン② 119.68付近

・気になる市場オーダー

<時間帯で変動してゆくのでご注意を>

121.00 売り
120.50 売り

119.50 買い
119.00 断続的に買い

本日は欧州時間より注目指標が軒並み発表されます。

特に21:30 欧)ドラキECB総裁の記者会見もあるので、注意が必要です。

ドル円通過ペアに関しては、下が固まりつつあるように見えるのですが、現在の為替相場は株価の影響を手掛かりとしているように観えるので、なんだかんだで株価の動向次第かと。

『テクニカルから』といった順番で観ていると成り立たないポジションを作ってしまいそうです。

想定してしているチャートポイントを軽く突破してくれる材料が出て、第2波目をテクニカルで拾うが一番簡単なのですが、欧州時間までは、やはり、株価の動向を見ながら無理なくチャートポイントを拾って行くが理想的なのかもしれません。

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。