FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
方向感が微妙な相場、戸惑う視線、ホントはどっちだ?
戸惑う視線

1時間に30キロの速さで北北西に進む予定。

台風は、
過去からの統計分析からか?
未来からの環境状況分析からか?

気象庁なんかは方向感をある程度予想してきます。

予測範囲通りに行く時もあれば、途中で、進路を外れたり、消えてしまったり、と予測範囲から外れてしまう事もあります。

おおむね予測範囲内にとどまります。

為替相場も同じかな?

・・・違います。

昨日、

三井住友海上、英損保アムリン買収で合意
約6347億円

これによって、ポンド円が買い上げられ、クロス円も買い戻される場面がありました。
ドル円通過ペアでは、120.23までいっきに上昇しました。

短期的に観ていた人で、ポンド円通過ペアで買いエントリーしていた人は羨ましい限りですね。

※私は仕事中でチャートすら気にしていませんでした。

・気になる注目指標

2015/09/09

17:30 (英) 7月鉱工業生産
17:30 (英) 7月商品貿易収支
21:15 (加) 8月住宅着工件数
22:00 (メキシコ) 8月消費者物価指数
23:00 (加) 加中銀政策金利発表

20150909 USDJPY1H

外為オンライン

USD/JPY <1時間>

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 120.90付近
レジスタンスサポートゾーン① 120.70付近

レジスタンスサポートゾーン① 119.65付近
レジスタンスサポートゾーン② 118.60-80付近

・気になる市場オーダー

<時間帯で変動・ご注意を>

121.00 売り
12.40-50 断続的に売り

118.60 割り込むとストップロス売り
118.50 買い・割り込むとストップロス売り
118.20 割り込むとストップロス売り

東京時間前半は日経平均の大幅反発。
一時、約1000円高もあってかドル円通過ペアは上値を試す動きになっています。
戻し売りのチャートポイントを探っているのか?
押し目の買いのチャートポイントを拾おうとしているのか?

自分ルールでは、
長期的には『売り』
中期的には『買い』
短期的には『買い』
120.80付近を確実に越えて、その下を固めてはじめて、
全て『買い』目線になるように思えるのですが・・・

最近の状況では、注力される材料が株価よりなので、テクニカルだけでは、機能しづらい感じです。

時間軸の目線が明らかに一致していれば余計な手掛かりや材料は取り除いて、テクニカルで拾って行くだけで楽なのですが、現在は、『材料』が出て中身を確認して、一時的な方向に対してチャートポイントで拾い、勢いが無ければ次のチャートポイントで決済といった、忙しい上、面倒くさい相場です。

所持するポジションが『買い』・『売り』と頻繁に交差し、しがみ付くのにやっとです。

相場観やエントリーのタイミングがズレ始めると、持つポジション全てがマイナスになるという危なっかしい局面が目立つので方向感が安定するまで、『待つ』といった戦略が本当は一番良いのですが・・・

昨日、ボラティリティが大きかった、ポンド絡みも良いのですが、指標もあるので、不慣れな通貨に手を出すのも・・・

『ストップロスに刺さるぜ!』フラグがぷんぷんします~σ


FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
スポンサーサイト

別窓 | トレードプラン |
| ドードーのFXからくりマーケット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。