FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
FOMC明けのドル円通過ペア、週末相場の動向も考慮してトレードを構築
ピクニック

ちょっと遅れての更新です。

明け方、午前3:00 FOMC政策金利は据え置きでした。

不透明感で、ドル売りが加速しました。

内容も利上げしない訳でもなくいつするかを決めている訳でもない世界経済の動向をモニタリングしながら適切な時期に行う的な・・・要人機関らしい内容だったみたいですね。

チャートは一時、120.99を付け、120,07まで下落、戻しの中120.41から、イエレン議長発言&ダウ下落で、戻し売りを後押し、119.80まで下落、NY株価の買戻しにつられ、ドル円も買い戻しポジション調整といった印象です。

世界経済の動向を観察しながら利上げするタイミングを決めると言ったところですかね。


・気になる注目指標

2015/09/18

21:30 (加) 8月消費者物価指数


2015 0918 ドル円1時間

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートゾーン② 120.99付近
レジスタンスサポートゾーン① 120.41付近

レジスタンスサポートゾーン① 119.65付近
レジスタンスサポートゾーン② 119.40付近

・気になる市場オーダー

<時間帯で変動・ご注意を>

122.25 OP18日NYカット
122.00 売り厚め OP18日NYカット
121.50-60 断続的に売り
121.00-25 断続的に売り
120.50 売りOP18日カット
120.00 OP18日NYカット

119.25-50 断続的買い
119.20 割り込むとロスカット売り
119.00 買い
118.60 割り込むとストップロス売り

欧州時間に入ってきますね。

ドル円通過ペアに関しては、さっそく、チャートポイント119.65付近を試し始めています。

短期的に見ると売りなので、移動平均腺20日を利用したエントリーを狙ってみます。
100日線付近より手前にストップを設定出来ればよいのですが・・・どうだかです。

OP注文も入り始めて、上が気には、なりますが、4時間足などで見ると、レンジ相場の中にある事はかわりません。
短期的なチャートポイントが潰されただけで、状況は、かわりませんね。

結局、いつも通りの『株価の動向を眺めながらチャートポイントを拾って行く』にプラス週末相場の動向を付け加えて狙って行きたいです。

※昨日のFOMCのボラティリテイもあってストップの位置は、多少、大きめに考えています。

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
スポンサーサイト

別窓 | トレードプラン |
| ドードーのFXからくりマーケット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。