FC2ブログ

FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円通過ペア、売りをこなしながら上値を試すか?FXの難しいところ。

難問

先週、
22日は、ECB金融政策決定会合、結果的に変更は無かったが、ドラギ総裁の発言で、12月の会合における追加緩和の可能性、預金金利の引き下げもありうる的な内容でユーロ売り/ドル買いが加速。

23日には、中国の中国人民銀行による、預金準備率、1年物預金金利準備の金利の引き下げと、
株価・金利・指標に発言とめまぐるしい相場だったような印象です。

ユーロ絡みの通貨ペアをやっていた人は、方向感がしっかり出ていたので、遅れて入っても十分に利益が獲れたのでは、と思います。

ドル円通過ペアも上昇トレンドが出ていましたが、23日の欧州時間、一時的な下落など判断が結構難しかった局面があったような気がします。

・気になる注目指標

2015/10/26

NZ休場(レイバーデー)

18:00 (独) 10月IFO景況指数
23:00 (米) 9月新築住宅販売件数


2015 1026 ドル円通貨ペア

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 121.98付近
レジスタンスサポートライン① 121.48付近

レジスタンスサポートライン① 120.98付近
レジスタンスサポートライン② 120.22付近

・気になる市場オーダー

122.00円 売り厚め
121.50円 売り

119.50円 買い・割り込むとストップロス売り
129.25-35円 断続的に買い

中期的に見ると目線は『買い』ですが、121.76を踏んで、どう超えるかが気になります。

一時的な急上昇で結局レンジ継続なんて事も考えられます。

結局、そのヒントは為替チャートの外にあります。
株価の動向に注意しながら、上昇したポジションを利食い決済、輸出系の売りが入り易いポイント、また、それを決断させる材料のきっかけなどです。

そして、落ちてきた押し目をどう解釈するかが、重要なポイントになってくる様な気がします。

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。