FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
フィボナッチ数が編み上げるFXでの黄金比、 予測が出来ない未来からテクニカル分析が溢れ出す。
フィボナッチ 螺旋階段

FXで無数にあるテクニカル分析のひとつ。

フィボナッチです。

簡単に紹介すると、トレンド発生後の折り返し地点を予測するテクニカル分析です。

上昇なら『押し目買い』下落なら『戻り売り』のポイントを予測します。
後付のテクニカル分析と違い、未来に向けて走らせる分析方法として知られ、利用されています。

FXではフィボナッチリトレースメントと呼ばれる分析がよく使われます。
安値と高値を結んだ比率をチャートポイントとして
<38.2%>、<50%>、<61.8%>
そして全戻しの<100%>

このポイント<節目>がチャート上では参加者に意識され、トレンドの成長、発展に必要不可欠な『売買の加速』を生み出すひとつのきっかけにもなっています。

もし、使用しているチャートツールにフィボナッチリトレースメントが、実装されていたら、直感で気になった安値と高値を結んでみて下さい。

違和感なく当てはまるパターンが必ず存在する筈です。

そして、同時に、その比率が示す節目の背後に何が潜んでいるかにも気づく筈です。

当たり前なのですが、
それは『ストップロス』です。

そんなフィボナッチですが、なぜフィボナッチが当てはまるのか?

『そもそもフィボナッチとは?』
から始まるのですが・・・

中世のイタリアの数学者、
レオナルド・フィリオ・ボナッチさんが、ヨーロッパに広めた『算盤の書』その中に記されている、『ウサギの出生率に関する数学的解法』にあります。

『問題・死ぬことがないウサギが存在したとして、一年後には、何匹まで増えてるでしょうか?』

この問題の解で、ある数列が説明されています。

「1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55…」

これが後にフィボナッチ数と呼ばれ、世間に知られるようになります。

インドでは6世紀頃より、既に、この数列は知られていたので、
発見、証明したのはボナッチさんではなく、世に広めたのがボナッチさんであったという事です。

どこの誰が見つけたのか、わからない数列なのですが、現代に至っても注目されている訳ですから、性能は抜群なのでしょう。

では、なぜ、この数列が注目されるのか?

FXのみならず、
この不思議な数列は、あらゆる状況、場面で姿を現します。

フィボナッチチャート

外為オンライン

相場のチャートの成長比率はもちろん、
ヒマワリの螺旋、トンボの複眼、オウムガイの貝殻の渦巻き、ピラミッドの比率、パルテノン神殿、美しいとされる人の顔のパーツや体系、関節の比率、名刺、コピー用紙、ipod?、プログラムの再帰的処理、人間のDNA分子の螺旋構造の長さと幅の意率から、成長して行く台風、銀河系の螺旋の渦など、我々の知る世界のあらゆる事象の中に潜んでいます。

なぜ、その数列の比率通りに収まるのかは、わかっていません。
いくつかあるロマンのひとつですかね。

それでも、全ての成長、発展が、1:1.1618の比率、黄金比と呼ばれるものによってが支配されている事実は説明されてしまいます。

分野関わらず、この数列に人は、魅せられ、意識してしまい、なぜか、追い求めてしまいます。

理性を働かす以前に感覚が先に捉えてしまう。

このような状況を表すのにピッタリな言葉があります。

『直感』です。

その当たり前の『直感』が、たまたまの『偶然の一致』であってほしいと個人的には思うのですが。
・・・まぁ。

現在の投資マーケットの世界では偶然どころか、
一致する事を想定してフィボナッチ数が使われ、その機能と目的とを遺憾なく発揮しています。

ですが、過信は禁物です。

未来を予測、予想する事は何者にも出来ません。

フィボナッチ数が編み上げた美しい比率。
当てはまると言うだけで、その比率は最初から決まりきった、いくつかある規格の一つに過ぎません。

人間が主観的に解釈して、都合よく当てはめてしまい、強引にそれを正当化しようとした時、それは、狂気に近いツールと化してしまうかもしれません。

真摯に向き合うべきは未来に向けての『欲望』でも『恐怖』でもなく、ただそこにある瞬間に存在する状況です。

マーケットもフィボナッチ数も中立です。
誰の為にある訳でもなく、中立にそこにあるだけです。

そして『絶対』は存在しない世界です。

フィボナッチ数でした。


不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
スポンサーサイト

別窓 | トレード戦略 |
| ドードーのFXからくりマーケット |