FC2ブログ

FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY市場休場(感謝祭) 材料貧しい中、株価を睨み、チャートポイントを重ねてゆく

感謝際

今日は米国市場は休場です。
感謝祭ですね。

昨日は、
東京時間はNY休場前のポジション調整で122.25付近まで売られ、株価につられているところ、欧州時間で、ECB関係者より、大掛かりな量的緩和を具体的に検討している発言を受け、ユーロが全般的に売らる。

ユーロ/ドルの大幅下落を受け、対比的にあったドル/円が買われ、122.65付近まで買い戻される、つづく、NY時間に米指標の強い結果を受け、122.93まで上げ幅を延ばし、売られ続けていた、ユーロ/ドルの買戻しを受け、ドル/円は下押し。

中長期的にストップが溜まって来ると、それを一掃するかのように、絶妙なタイミング材料が出てきますね。
ドルにしてもユーロ、ポンドにしても、目標としている値でもあるのでしょうか?

公正な取引なんてものは、世界に存在しません。
必ず、どこかに意図や狙いがあります。

逆に、それらがなければ、何の手掛かりもなくトレードをする羽目になり、うまくいったしても取引の数だけ手数料分がマイナスになる訳です。

ないよりあった方が良いモノですが、
それが、いつでも味方だとは限らないと言う事ですね。

・気になる注目指標

2015/11/26

NY休場(感謝祭)

17:15 (スイス) 7-9月期鉱工業生産
18:30 (南ア) 10月生産者物価指数

20151126.png

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 123.18付近
レジスタンスサポートライン① 122.93付近

レジスタンスサポートライン① 122.60付近
レジスタンスサポートライン② 122.25付近

・気になる市場オーダー

123.35 売り
123.25-30 断続的に売り・超えるとストップロス買い
122.95 断続的に売り

122.20 買い・ストップロス売り
121.90 買い・ストップロス売り混在
121.75 割り込むとストップロス売り

NY市場休場もあって、これといって目立つ材料は予定されていません。

東京時間は、最近の通常通り、株価を睨みながら、チャートポイントを拾って行くでようさそうですが、『動いていれば』が前提です。
落ち来ると拾われ易い状況が続いていますが、大火傷する時は、その先入観が否定された時です。

動き出したなら必ず値動きの中身を確認してからアプローチする。

言い聞かせていなければ、私なんかは、直ぐに忘れてしまいます。


FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。