FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
FX12月の月末要因、実需系の動きを睨みながらトレードフローを試してゆく
本屋

月末要因を含む動き(実需筋の動き)に注意しながらの月曜日ですね。

先週末、
欧州時間の入りにかけて、上海株の暴落を受け、122.30付近まで下押し、その後、ユーロドルを中心にドルの買い戻しにつられ122.88付近まで上げ幅を延ばしています。
短期トレードでは、全戻し以上でしたね。
上海株の下落材料はトリガーになる要素を十分に含んでいるものでしたが、それ以上に相場観は、『落ちて来たところを拾う』フローが上回っているのか、目線が下へとはなかなか行きません。

下にあるチャートポイントを一旦拾われてからは、上昇にかけて、機能的にチャートポイントが拾われて行きます。
5分チャートなど『買い』を入れて行く場合では、やり易い相場だった印象です。
何より、『買い』ポジションからのストップが明確に置きやすい位置に設定出来るだけでも、強みになって来ます。


・気になる注目指標

2015/11/30

16:00 (独) 10月小売売上高指数
17:30 (スウェーデン) 7-9月期GDP
18:30 (英) 10月消費者信用残高
21:00 (南ア) 10月貿易収支
22:00 (独) 11月消費者物価指数・速報
22:30 (加) 7-9月期経常収支
23:45 (米) 11月シカゴ購買部協会景気指数
24:00 (米) 10月中古住宅販売保留件数指数

20111130 月末要因のFX

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 123.25付近
レジスタンスサポートライン① 122.93付近

レジスタンスサポートライン① 122.70付近
レジスタンスサポートライン② 122.29付近

上の間近チャートポイント122.77付近は、ちょうど移動平均線の200日と重なり、抜けたとしても、エントリーするには、不十分で、11月26日高値の122.93を抜けて、第2波を試す、節目として122.77が有効かという印象です。抜けても試さないのなら、レンジとなる訳なので、逆張り系トレーダーなら『売り』で仕掛けてくるポイントにもなります。

下も結局は同じ感じになります。
『売り』に偏ったとして、122.48が節目のポイントとして機能するなら、そのポイントを起点に第2波を狙い、否定されるのなら、レンジと判断する。それも狭いボックス相場なので、見送り。

そんな風に個人的には観えます。

結局、上でも下でも構わないないのですが、揉み合いなら見送りです。
どちらにしても、間近のチャートポイントまで迫って来なければ、どうしようもないのですが。

マーケットやチャートから受ける印象も、数時間後には、ガラッと変わって来るので、またその時には、その時の優位的なポイントやトレードフローを見つけなければなりません。

冬は寒くてあんまり外には出ません。
だからといって動かないチャートをずっと見ているのも、やはり退屈ですね。

他のデイトレーダーの方々は、動きが貧しい相場状況の際、何をやって過ごしてらっしゃるのか気になりますね。

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

スポンサーサイト

別窓 | トレード戦略 |
| ドードーのFXからくりマーケット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。