FC2ブログ

FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近に観るデイトレードでの傾向

黒猫

昨日、
東京、欧州時間は123を挟んでのも見合いレンジ相場が続き、NY時間の米指標ADPの強い結果を受け123.38まで上昇、ゆるんだポイントで10年債の利回りの上昇の影響も受け、さらに上げ幅を広げる、迎えるFRBイエレン議長の講演『12月の利上げの可能性が濃厚』、さらにドルが買われ123.66付近まで高値を付ける。そこからダウ平均の大幅下落に引っ張られ、上げ幅を全て戻す。
『全戻し』といったところですかね。

詳細はさまざまなのですが、全体的にこのパターンが多いですね。
指標、発言、他通貨の影響などを受け、前半はどちらかに偏ったトレンドを形成して、後半は決まって、ダウ平均の影響で反転する。もちろんダウ平均も何かしらの影響を受けての事なのですが、即効で通貨の値にその影響を反映させて来ます。
それだけ多数の大口のFXトレーダーが株価の動きをよく見ているのでしょうか。

・気になる注目指標

17:00 (トルコ) 11月消費者物価指数
18:30 (英) 11月サービス業PMI
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (米) 新規失業保険申請件数
24:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数
24:00 (米) 10月製造業受注指数


20151203 USDJPY1時間

外為オンライン

・気になるチャートポイント

レジスタンスサポートライン② 123.75付近
レジスタンスサポートライン① 123.67付近

レジスタンスサポートライン① 123.00付近
レジスタンスサポートライン② 122.80付近

本日はECBの政策金利発表があり、その後にはドラギ総裁の会見が待ち構えています。
ユーロに関しては、ここ最近、総裁の発言に敏感、過剰に反応している印象です。
ここぞとばかりに、出して来るので、ユーロドルからドル円へと、影響を無視出来ません。
十分なご注意を。

ドル円チャートポイントに関しては、底が固いと言う印象より、拾われ易いポイントがよく観えます。
11/26の高値、122.93など、移動平均線やアークの61.8%などと重なり、サポートされ易いような感じです。
このポイントを超える売り材料が出たら、サポートも何も無いのですが、一応は気になりますポイントになっています。

上は122.66を超えるには、踏み台が少し遠いような気がします。
122.34と122.66間に節目でも作る事が出来れば、そこを起点に押し目買い狙いに行けるのですが、株価の動きと材料待ちなのかなと思います。

いずれにせよ欧州、NY時間ですね。

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。