FC2ブログ

FXの優位的チャートポイントでのデイトレードプラン

ドル/円、森友学園決済文書の買い替え?国内政局流動化への懸念が浮上、どこまでマーケットが消化するのか?

20180312ドル円チャート5M
2018/03/12 ドル/円チャート5M

先週末、東京時間に平均株価につられてか?高値に106.93付け、一端売られる。欧州時間に入り、調整も入る中、ゆるやかに買い戻され、迎える米雇用統計、結果強い数字とるが、107円台のオプション絡みの「売り」を受け、106.70付近まで。マーケットの反応としては、結果的に限定的な薄い反応と言ったところでしょうか?

中、長期の「戻し売り」勢が控える中、上値がまだまだ重い印象を受けます。


20180312 1H

本日、森友学園絡みの、政局的材料で、ドル/円マーケットは、明け方より、売りから始まるカタチになりました。株式市場の反応は薄く、すぐさま買い戻されはしたが、それでも107円には届かず、結局、売りベースの流れとなり106.50付近まで売られています。
3/6の106.45のサポートに支えられはしましたが、反転するような好材料がない限り、売り場を探す目線は、変わらないかと。

ここ最近、ずっとそうなのですが、東京時間は、日経平均株価の反応に注意しながらチャートポイントを拾って行く流れになりそうです。

上値は、間近、107.05、次に、107.20付近を観ています。これには、別の材料が要りそうな気がします。

20180312 オープンオーダー


欧州時間、NY時間は、これといって目立つ注目指標も無い為、10年債金利の上昇率、ダウ平均の反応、そして、為替への影響と見てゆきたいところです。

FXボラティリティに仕掛けるテクニカル分析

不安感 恐怖心を解消させる自信の効能 FXに限らない心理的作用

アセンディングブレイクを狙って方向感を読み取るFXトレード

条件付の確率で、発生する恩恵への錯覚

FXの効果的なテクニカル分析は参加者多数が作り出す意識された指標

FXで取引し易い時間帯を把握する

人気ブログランキング

にほんブログ村 FX テクニカルトレード派

最終的な投資判断は必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。





COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply